SSR武将 三国志覇道

タケの三国志覇道【SSR管輅〜千里行武将〜】

過度な才能は自身を滅ぼしがちだが、無欲だったことで天寿を全うできた管輅。って顔がおさむ師匠です。

こんにちは!新しい千里行武将が出ました!何でも言い当てる占い師の管輅です。

19歳で死んでしまう青年に、死と生を司る北斗と南斗の神様を紹介し、寿命を伸ばした話は有名です。

ギャンブル縦バフ戦法&禍兆。統率が低すぎて通常編成では使いにくく…(筆者の武将値36000くらいでは、すぐ壊滅しそうで使いこなせない)

新内政施設「参軍府」の任命武将あたりでとも思いましたが、「参軍府」って統率が必要能力なんですよね。

今回は、ハズレ臭がしますが、管輅の性能を見ていきましょう!

三国志覇道【SSR管輅】性能

  • 弓兵科、発動間隔「25秒」、連鎖順「早い」
  • 戦法『八卦幽微』…自身1部隊の攻撃/防御/知力/戦法速度のうち1つを200%上昇(10秒)。対象を含む敵3部隊に禍兆を付与(20秒)。※禍兆…一定時間ごとに、最大兵力に応じて兵力が大きく減る。
  • 技能「敏活」「鎮静」「統制」※統制…参軍府の任命効果を高める。

戦法は自身1部隊の攻撃・防御・知力・戦法速度のうち1つを+200%。ギャンブル縦バフです。攻撃と知力がごっちゃになってるので、知力部隊で攻撃出たらチーンとなりますね。

戦法速度+200%は、つまり…戦法速度が3倍になると言うことなので…20秒戦法なら6.7秒、25秒戦法なら8.3秒、30秒戦法なら10秒で発動ってことですかね〜。

これはなかなかのえげつないスゴさですね。実際に使わないと分かりませんが、戦法速度上昇引き当てたら、1回くらい戦法多く打てる計算になります。

ただ…4分の1の発動ですからね。実用は難しそうに思います。せめて2分の1とかなら…

次に「禍兆」。李儒の病毒みたいなイメージだと思います。病毒は「残存兵力に応じた兵力が減る」であり、禍兆は「最大兵力に応じて大きく兵力が減る」となっていて微妙に違います。

この書き方だと、禍兆の方が与ダメは大きそうですね。効果時間は禍兆が20秒、病毒が30秒となっています。

技能は「敏活」は良いです。「統率」も(新施設で実際に任命しないと分かりませんが)良しとしても、統率が低すぎて使いにくいですね。。

通常編成では使えないでしょうが、あえて使うなら荀彧の副将くらい。ただ、統率の低い荀彧に、統率の低い管輅はやはり厳しそうですかね(^_^;)。

敏活要員としても、弓兵科敏活持ちはわりといますから、管輅を使う優先順位はかなり低い。ホント統率低いのはネックですね〜(^_^;)。

あとは、詰所武将の副将はよいかもしれません。詰所部隊は基本火力不足です。禍兆は最大兵力に応じたダメ与えますので、相性は良いです。

最近流行りの于禁詰所部隊の副将で連鎖率が30%になるかですね。なれば使って見てもよいですね。

三国志覇道【SSR管輅】結論

無理して取らなくてよいと思います。

まぁ千里行は宝玉のコスパいいですから私は好きです。超求賢も1枚多くもらえるしw

-SSR武将, 三国志覇道
-

© 2022 タケの三国志覇道生活