単身赴任 メスティンを買うべき理由【炊飯器・電気ケトルは買う必要ナシ】

単身赴任

しけたです。こんにちは!

今回は、「メスティン」のおすすめです。

メスティンとは?【価格・使う前の準備】

メスティンは価格が安い!

だいたい¥2,000〜¥3,000が相場です。アルミ製なので安くつくれるようです。

メスティンはアウトドアブームで人気が高く、スポーツショップやアウトドアショップでも欠品していることが多いので、ネット通販がおすすめです。

メスティンはフタをしたときの密閉性が重要(炊飯などのふきこぼれ防止)。粗悪品の心配があれば、ネットのカスタマーレビューを参照して評価の高い商品を選びましょう。

あと、注意点として、

大きさは、普通サイズと大きいサイズがあり、普通サイズは炊飯でお米2合くらいまで、大きいサイズで3〜4合くらいまでたけます。単身赴任やひとり暮らしなら普通サイズで十分なサイズといえます。

また、アルミ使用不可の電熱コンロがたまにありますので、事前にチェックしましょう。

メスティンの準備

メスティンを買ったら、「バリ取り」と「シーズニング」という準備が必要です。(めんどうと思う方は、バリ取り・シーズニング不要のメスティンもあります。)

バリ取りは、メスティンのナベとフタのふちを細かめのサンドペーパーで軽く研磨します。ふちをそっと指でなでて引っかかりがなくなる程度で大丈夫です。

あまり研磨しすぎると、密閉性が損なわれるので、ほどほどでOK!

次に、シーズニングです。シーズニングはこげつきにくくしたり、アルミ臭をおさえるためにします。(フライパンのようにコーティングはされていないので、メスティンは基本的には焦げ付きやすい)

お米のとぎ汁をメスティンに入れ、15〜30分火にかけ沸騰させます。フタも忘れずシーズニングしましょう。

メスティン 単身赴任・ひとり暮らしに便利【時短・カンタン・美味しい】

お湯をわかす!

お湯すぐにわきます!アルミは熱伝導率がいいので。

単身赴任・ひとり暮らしで引っ越しした直後の忙しいときなど、お湯をわかせるといろいろ便利です。

残念なのは、お湯をそそぐときこぼれる点。これは本当に、残念…

メスティン炊飯【うまい・カンタン】

メスティンのお米の炊き方は、

  1. といだ米と水をメスティンに入れ、30分ひたす。(米1合につき水180〜200ml)
  2. メスティンのフタをし、コンロに火をかける。
  3. 音が『グツグツ』から『グツパチ』、そして『パチパチ』となったら火を止める。
  4. メスティンをひっくり返してタオルで包み蒸らす。15分。
  5. できあがり!o(^o^)o

お米を水にひたす時間は最低30分はひたした方がいいです。時間が短いと炊き上がったごはんが固く、芯が残った感じになります。

それでもごはんが固く、芯が残った感じがある場合は、水の量を少し多めに、蒸らす時間も少し長くしましょう。

火加減は、強火だとふきこぼれが多くなり、弱火だと時間がかかるので、中火くらいがおすすめです。強火でも弱火でもどっちでも美味しく炊けます。

メスティン ラーメン【袋ラーメン1袋つくるのにちょうどいい】

メスティンで袋ラーメンの作り方

  1. メスティンに水を入れ沸騰させる。(野菜を入れるなら入れて煮ておく)
  2. 水が沸騰したらラーメンを入れる(ラーメンを半分に割っておくと入れやすい)
  3. スープの素を入れて完成!(^_^)b

メスティンは小さく見えて、普通サイズでも500〜600mlの水は入ります。袋ラーメン1食分にちょうどいいです。

メスティンは食器としても使えますので、洗い物が減るのも単身赴任・ひとり暮らしにはうれしいですね。

メスティンは一人何役もこなす優れもの【炊飯器・電気ケトルは買う必要ナシ】

メスティンでできる調理の種類は多く、ググればいろいろ紹介されています。

そこまでこだわらない人でも、昼食などで使うとカンタンで便利です。

単身赴任では、新たに家電を買う必要がありますが、炊飯器・電気ケトルは買わなくても、メスティンひとつあれば十分です。

特に、ごはんはメスティンで炊いたごはんが1番美味しいと個人的に思います。

一度、メスティンを試してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただいてありがとうございました?

コメント

  1. […] 単身赴任 メスティンを買うべき理由【炊飯器・電気ケトルは買う必要ナシ】 […]

タイトルとURLをコピーしました