単身赴任 単身赴任 ライフ

単身赴任帰省12月【コロナ禍緊急事態宣言がでなければできそう!】

会社から帰省禁止は出ませんでした!帰省禁止されなかった理由はなぜでしょうか?

残念ながらコロナ感染が拡大しています。前回のブログでの予想を超えて、感染者数が増加しています。1月は帰省できるのでしょうか?

これらを考えてみたいと思います。

ウチの会社が、帰省禁止にしなかった3つの理由

コロナ感染者数でみれば、会社から帰省禁止がでてもおかしくはない状態です。

しかし、帰省禁止されなかった理由として3つがあります。

① 緊急事態宣言がでていない

以前の帰省禁止は、厳密にいうと、「緊急事態宣言がでる」⇨「緊急事態宣言が解除」⇨「帰省禁止」でした。

その当時、緊急事態宣言が解除されても、自粛ムードは継続していましたので、「緊急事態宣言が解除された〜!やっほ〜!帰省すっぞ!」というのを防ぐためだったんです。

さて、今回はというと、緊急事態宣言はでていません。

また、現状の世論は、「Go Toなどの旅行をあっせんすることはダメ」なのですが、「旅行はダメ」までにはいたっていません。

これで緊急事態宣言がでていれば、旅行もダメだし、帰省もダメとなっていましたね。

② ウチの会社は、実は…帰省する人が少なかった!

以前の「帰省禁止」が解除されたあと、「帰省承認」をもらうカタチになりました。そのときに事実が発覚!

帰省の申請してたのが、わたし1人だけ…ウチの店が所属する地区には、約100人くらいの社員がいますので、帰省者はわずか1%だった!

帰省者は少ないので、帰省を禁止することまでしなくてもよいという判断のようです。

③ 帰省手当の使用期限がせまっている

ウチの会社の帰省手当は実費です。(実際に使った旅費分を手当として支給する)

月に1回の帰省手当が支給され、使わなくても繰越ができます。しかし、2021年3月31日までが使用期限となり、越えるとリセットされます。

もし、帰省禁止になったら、繰越している帰省手当は使いきれないんですね。

会社の指示で帰省手当が使いきれないのは、大問題です。(賃金規程という会社と社員の約束を破ることになる)

帰省手当の使用期限の延長や、別のカタチで手当金を支給する必要がでてきます。

今、帰省禁止すると、帰省手当を使い切ることはできない人が続出します。わたしも3ヶ月分を繰越しています。

このような理由で、会社は帰省禁止をしたくないようです。

コロナ第3波はいつまでつづくの?【現状であれば、1月は帰省できる!?】

以前のブログで、「11月下旬がピーク」「最大感染者数4,000人」など予想していました。予想を上まわるコロナの勢いですね。

そろそろピークアウトしそう?!【自粛ムードからそろそろ2〜3週間】

11/21〜23の3連休から2〜3週間たちます。また、この3連休くらいから、自粛ムードがはじまっていますので、そう考えるとそろそろピークアウトかなと思います。

しかし、冬の気温低下・乾燥とウィルスが活発化しやすい環境が整ってきていますので、ここからの感染拡大もあるかもしれません。困りましたね…

1月は帰省できるのか?!【緊急事態宣言がでなければ大丈夫そうだ】

前述した、12月帰省禁止しなかった理由から考えると、緊急事態宣言がでないかぎり、1月も帰省禁止はされないと思います。

しかし、旭川市や大阪府で、医療機関が切迫してますから、コロナ感染者数が、このままピークアウトせずに増加しつづけるようですと、医療崩壊おこして緊急事態宣言がでます。たぶん。

まとめ…コロナ感染対策をがんばって継続!【まず、じぶん自身が感染しないように!】

結局は、わたしたち自身で感染しないようにすることが大切ですね。

ウチの奥さんが、加湿空気清浄機を買いますね〜3〜4週間まちのようです。びっくりするぐらい人気ですね!

わたしは、ビタミン摂取を考えながら、食事をとるようになりましたね。単身赴任前には考えられないことです。

毎日、ニンニク2〜3片、キャベツ、トマト、干し魚など、食べてます。

など、対策を強化ですね!みなさんも、まず風邪を引かないように願っています。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

-単身赴任, 単身赴任 ライフ

© 2021 しけたの単身赴任ブログ