単身赴任 楽しみ

単身赴任コロナ緊急事態宣言中の映画紹介【Amazon Prime Video『ウインドリバー』】

コロナ緊急事態宣言中で、帰省もできず、遊びに外出もできません。休日なんて、ヒマすぎて気が病んでしまっています。

そこでおすすめしたいのは、Amazon Prime Video❗

Amazon Prime会員になれば、誰でも見れます!料金は…

ワンコイン月額500円(しかも税込み

動画タイトル数も、いろいろある動画サービス中トップクラス!Prime Videoだけでも入会する価値あり!

もちろんAmazon Prime会員は、その他の特典も多いのでオススメです。

  • 配送料無料
  • お急ぎ便や日時指定配送料無料
  • プライムビデオ見放題
  • プライムミュージック聞き放題
  • プライムリーディング読み放題
  • プライムフォトで画像保存無制限

たくさんあります。お世話になってます!

さて、今日ご紹介する映画は『ウインドリバー』です。

この映画、今日(2021/2/6)現在、prime会員は見放題です。視聴はおはやめに!

映画『ウインドリバー』の見どころ

不審な足跡を見つけるコリー

映画『ウインドリバー』は、2017年公開のアメリカ映画。主演『ジェレミー・レナー』『エリザベス・オルセン』。第70回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞。

評価の高いサスペンス映画です。

舞台は、アメリカ・ワイオミング州ウインド・リバー・インディアン居住地、極寒の貧しい地域。

そこで、ハンターのコリー(ジェレミー・レナー)が、少女の死体を発見する。

この事件を解決するため、FBIから新人捜査官ジェーン(エリザベス・オルセン)が派遣され、コリーとともに、事件を解決するお話。

主演の『ジェレミー・レナー』が非常にイイ❗

主演のジェレミー・レナーがなんといってもカッコいい!

雪山でのサバイバル術、ハンターとしての銃の扱い、スノーモービルなど、おとこのこが好きな要素タップリです!

また、山の男らしく、無口でムダなことを言わない。いうことにウソはなく、自分の経験と信念に基づいて話す。カッコいいですね!

コリーにはつらい経験があります。消えることのない後悔、しかも、それは誰も癒してくれない、あえて消さない過去。

あえて過去を消さないのには、信念があります。子どもがいる方は、非常に共感します。

孤独でさみしい父親像…しかし、強く生きる姿には勇気をもらえます。

ぜひ、ジェレミー・レナーの演技をみてほしいですね。

こころが洗われるが、どこかむなしい白銀の世界

舞台のインディアン居住地は、マイナス30度にもなる極寒の地。激しい運動をすると、すぐに肺が凍って血を吐くらしい。

ウチの家族が住んでいる北海道では、下がってもマイナス20度くらい。それでも、たまに肺がピリピリするときがあるので、ウソではないようです。

極寒で、めぼしい産業もないので、仕事はなく、治安も悪い。しかも、白人とネイティブアメリカンの間で差別が残り、どうしようも、むなしく、暗い舞台。

しかし、白銀の世界がそれを癒します。すべてを洗い流してくれそうな真っ白です。

北海道にいたときもそれを感じました。年に一度は一面銀世界になり、アスファルトの黒さも数ヶ月は消してしまうほど。

雪が降っているときは、音も消してくれる(雪は音を吸収する)ので、真っ白で静寂。すべてを忘れ、気持ちが落ち着きます。

そんな世界観にも注目です。

子どもを思う親の気持ち

事件は、少女の死体が、発見されるところからはじまります。

死因は、マイナス30度のなか、長時間走ったことで、肺が破れ、吐血したことによる窒息死。

ジェーンは殺人を疑い捜査を進めていくんですね。

娘が死んだ家族は、深い悲しみにくれます。しかも、あきらめに似た悲しみに。

というのも、こういう、少女が死ぬ事件は、わりと起こっていて、犯人はいるのですが、本当の原因は差別と貧困。

差別と貧困はなかなか解決できないので、そこから起こるこういった事件に対して、あきらめの気持ちがついてまわるんでしょうね。

ここで、コリーが少女の父親にいうんですね。

「つらさから早く逃れたい気持ちはよくわかる。しかし、つらさから逃げちゃダメだ。もし、逃げたら、娘との思い出を忘れてしまう」みたいなことを。

日本では『水に流す』という言葉がありますが、『水に流しちゃダメだ』と言っています。どちらが正しいかは、わかりません。

しかし、コリーの中では、それは信念であり、それが、寡黙な男の魅力として、よく表現されています。

人の親になって、共感できるようになりました。

まとめ

Amazon Prime Videoは、本当にオススメです!入っていない人は、ぜひ試してください。

コロナ緊急事態宣言中、ヘタしたら精神的に病みますから、映画鑑賞は絶好のヒマつぶしになりますよ!

子どもがいる方に、オススメです!子どもを大事にしようって思う映画です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

-単身赴任, 楽しみ

© 2021 しけたの単身赴任ブログ