単身赴任 帰省

単身赴任コロナ禍帰省いつできるのか?【1月下旬緊急事態宣言解除はいつ?】

わたしが、住む神奈川県は緊急事態宣言の真っ最中。おかげで、帰省ができません。。

緊急事態宣言が出されてから、2週間が経過しました。いつ緊急事態宣言が解除されて、いつ帰省できるようになるのでしょう?

緊急事態宣言解除の条件

以前のブログに書きました緊急事態宣言が解除される条件は、おさらいすると以下のとおり。

  • 新規感染者数が人口10万人あたり25人未満(週間)

関東圏の緊急事態宣言の解除には、東京都のコロナ感染者数が最も重要視されますので、具体的には、

  • 東京都の1日のコロナ感染者数500人未満。
  • 東京都の1週間のコロナ感染者数3,500人未満。

緊急事態宣言の期間は2/7までの予定ですが、この条件をクリアしないと、解除はみえてきません。

では、緊急事態宣言が出されたあと、コロナ新規感染者数はどれくらい減ったのでしょうか?

コロナ新規感染者数は1/18〜24の週にかなり減った❗

コロナ新規感染者数1/18〜24の週の合計は、

8,420人

前週と比べ、

マイナス2,106人前週比80%

「緊急事態宣言解除の条件の週間3,500人には、まだまだ減ってないなぁ」と思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、週間7日間の平均でみると、1/18〜24の週に急激に減ってきているのがわかります。

コロナ新規感染者数を7日間平均でみると、1日あたり500人を切るのが2/1予想❗

前回のブログでも使用した、7日間の平均の推移をみて、新規感染者数を予想してみます。

数値はNHK「新型コロナデータ」参照

このままのペースでコロナ新規感染者数が減っていくと、

2/1(月)に409人

2/8〜14の週に週合計2,475人

緊急事態宣言の解除は、解除条件の500人を切った週間の2/7に解除するか、週間解除条件の合計3,500人を切る2/14に解除するかの判断になってきます。

解除されれば、『不要不急の外出自粛』『県外の移動自粛』はなくなると思いますので、

このままのいけば、2月下旬には、帰省ができるようになりそうですね!

まとめ

  • 関東圏の緊急事態宣言解除で重要な東京都、解除目安の1日あたりのコロナ新規感染者が500人を切るのは2月初旬。
  • 東京都解除の週間条件の3,500人を切るのは2月中旬。
  • 関東圏の緊急事態宣言は、このままいけば、2月中旬には解除できそうな予測。

1/18〜24の感染者数が減ったのは、緊急事態宣言に入ってからのコロナ新規感染者数が反映されているからだと思います。

1/25〜31の感染者数も同じく、緊急事態宣言に入ってからの数です。これから大きく感染者数が減らない可能性もありますね。

コロナ感染対策は徹底していきたいですね。まずは、自分の行動から注意していきます。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

-単身赴任, 帰省
-,

© 2021 しけたの単身赴任ブログ